不登校とそれ以外の集団

明けましておめでとうございます!

私の記憶だったり、思いだったり、
記述する事で、悩んでる方や、もやもやしている方の参考だったり、
寄り添えたらいいな、と思って書きます。

このところ、助の不登校で、
ソーシャルワーカーさんだったり、学校の先生だったりと面談する事が多いです。

それに平行して、
図書館で本を借りたり、

ユーチューブで不登校の子供達と関わってる人のお話を聞いたり、、



不登校って、やっぱり、少数派で、

不登校の人達のコミュニティーも意外と沢山あるのも分かってきました


私は、
昔から、何処かの集団に所属したりってのが苦手なので、

ふーん、へー、こういうところあるんだねーと思いながら、

遠巻きに見ています


なーんで、こんなに、

不登校の子供達だったり、
親同士で集うのかな、、


それは全然、否定的な気持ちではなく、
うーん、

うまく言えないけど、、


でも、一昨日の経験で、その集いたい意味が分かった気がします。


一昨日、助の事でソーシャルワーカーさんとお会いしました。

学校よりフラットな感覚で、広い視野で話せるなーと思っていたのだけれど、


言われたのはゲームの時間。

助は日中、ゲームをほぼずっとやっています。

途中で、散歩に連れ出たり、
「耳かきするよー」とか、「爪切るよー」とか、

意図的に邪魔をしますが

それ以外は、実に楽しそうにゲームをやっています。

ゲームに対しては賛否両論があるようです。
私も、ゲームを買い与えた時は一日30分までと設定したりとか、

目が悪くなるから目を休ませて、とか、色んな事言いました。

でも、学校に行けなくなって、

自信がなくなった助が、

ゲームを通してでも、

他人と楽しそうにキャッキャッ言いながら過ごせるようになった事が、
嬉しいのです。

ゲーム、強くなったよ、って、
嬉しそうに話す助が、とっても嬉しいのです。


依存症とかは、気をつけています。

もしや、依存症か?って
心配した時もあったんだけど、

それは、ずっと一緒に過ごしている感覚で、
ああ、違うな、依存症にはなってないなって、分かるのです。



そんなこんなで、

ゲームについては、以前からお話していて、
言われる事がストレスだとお話しているのにも関わらず、指摘され、、



正論だよねー、
そんな事、分かってますよーって、

そんな気持ちを抱えて家に帰り、、


穏やかなママで居たいのに、

やっぱりピリピリしてしまう。


あー、こんな気持ち、
正論は分かっていますよ、そっちが正解って分かってますよ、

だけど、それが通用しないところで、
子供を信じるって、究極のところで日々過ごしている者にとっては、

正論なんて、
もう、そんなところでは生きてないんです、って

そう言うしかないんだなー

そんな気持ちって、

やっぱり、公の専門家でも理解できないんだなー


そう悲しくなって。

その分かってくれないって気持ちが大きいから、

不登校の人のコミュニティーってできるんだね。
んで、助け合ったりね。


ん?

当たり前な事を言ってるのか?

んでも、

周囲が分かってくれる、理解してくれるって状況なら、
そもそもコミュニティーなんて、
特別できる必要もないんだよね。



ネットのお陰で、色んな情報が得られる事にすごく感謝しています。

ゲーム1つにとっても、
賛否両論あり、

それを選択するのは、もうその子供と親自身の判断になるし、

自分達にとって、何が必要な情報か、
これは、我が家は要らないな、とか、

選択していける、と思います。

私もいっぱい悩むけど、、

ネットとか、吐き出す事で、
助けてくれる人が出てきたり、

一人で抱え込まない事ですね。



今日はいい天気です☆

私は、昨日の学校の先生と、SNSで助けて貰いました☆



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント